このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0925
としくらべ
としくらべ

放送回:0582-A  放送日:1987年01月17日(昭和62年01月17日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:柏木郷子
山口県 ) 8657hit
長寿を自慢するお爺さん達が、自分達を取り上げた産婆に出会った

むかしむかし、大むかし。ある所に三浦大介(みうらだいすけ)という106歳の爺さんがおりました。「わしは日本一の年寄じゃ!」ある時、三浦大介爺さんは大威張りで旅に出ました。すると海の見える峠で、一人の爺さんが「お若い方、火を貸してくれんか?」と話しかけてきました。若い者呼ばわりされた三浦大介爺さんは怒りましたが、なんとその爺さんは浦島太郎で、龍宮から戻った8000歳の大年寄でした。

そこで浦島太郎爺さんが日本一の年寄ということになり、二人は並んで歩いて行きました。やがて大きな岩の所で、一人の爺さんが「お若い方達、どこに行きなさる?」と話しかけてきました。若い者呼ばわりされた二人は怒りましたが、なんとその爺さんは東方朔(とうぼうさく)で、山の松の木の親松のそのまた親松のことも知っている9000歳の大年寄でした。

そこで東方朔が日本一の年寄ということになり、三人は並んで歩いて行きました。やがて日も暮れる頃、道の向こうから一人の老婆が大急ぎで歩いて来ました。老婆は「そこのお若い三人。ちょいと手を貸してくれんか?」と話しかけてきました。若い者呼ばわりされた三人は怒りましたが、なんとその老婆は「儂は700000000歳の七億婆(しちおくばば)じゃ。」と言うのでした。

そうして七億婆は三人を一軒の家に連れて行きました。その家には妊婦がいて、七億婆は産婆だったのでした。爺さん三人は、水を汲んだり、湯を沸かしたり、忙しく働いて七億婆を手伝いました。やがて、玉のようなややこ(赤ん坊)が生まれると、三人の爺さんは目を細めてややこを見つめました。

ところがここで三人の爺さん、七億婆が700000000歳なんて嘘だろうと言いだしました。すると、七億婆は三人の爺さんのお母さんの名前をそれぞれ言い当てて、三人が生まれる時、自分が産婆として立ち合ったんじゃと言ったそうです。三人の爺さんはすっかり恐れ入り、意地を張るのを止めて皆で笑いあいました。それから、この四人の年寄はいつまでも長生きしたということです。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2013-6-16 19:23 )


ナレーション市原悦子
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第一集(日本の民話29),松岡利夫,未来社,1960年09月14日,原題「としくらべ」,採録地「吉敷郡」,話者「米永ミサヲ、江藤茂」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/6/16 19:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)