このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0886
きえたすいか
きえた西瓜

放送回:0558-A  放送日:1986年07月26日(昭和61年07月26日)
演出:上口照人  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:上口照人
愛知県 ) 8440hit
お爺さんとタヌキの化かし合いを通した心の触れ合いストーリー

昔あるところ(今の愛知県稲沢市)に一人暮らしのおじいさんが住んでいた。このおじいさんの楽しみは、近くに住む古だぬきとの毎晩の化かし合いであった。

しかしある日を境に、たぬきはじいさんのところへ現れなくなった。たぬきとの化かし合いを唯一の楽しみとしていたじいさんは、生きる張り合いをなくし、だんだん元気がなくなっていった。

時は過ぎて夏になり、じいさんの畑には見事な西瓜がたくさん実った。じいさんは、その西瓜を旅人達に1個二文で売ることにした。じいさんの西瓜は大変美味しく、飛ぶように売れた。そのうちじいさんはだんだんと西瓜の値段を、五文・十文と上げていった。

ある日一人の老人が通りかかり、自分は銭を持っていないので、西瓜を1個恵んでほしいと言ってきた。じいさんはこれは売り物だから、ただでやることはできない、と拒否した。すると老人は西瓜を食べていた旅人から、西瓜の種を少し貰い受けた。

老人はその種を地面に埋めると、種はすぐに芽をだし、あっという間に一面の西瓜畑となって沢山の実を付けた。老人は西瓜を食べ始め、「私一人では食べきれないから、皆さんもどうぞ」と呼びかけた。周りの人たちも一斉にその不思議な西瓜を食べた。

老人は、最後に残った西瓜1個を手に取りその場を立ち去った。すると老人の体からはしっぽが出てきて、あのたぬきになった。たぬきは「おれはこの1年、ずっと化ける稽古していたのさ」といって、山へ帰って行った。

気が付くと爺さんの売り物の西瓜は、全部なくなっていた。じいさんは悔しかったが、たぬきが元気でいたことがうれしく、思わず涙してしまった。

それから再び毎晩、たぬきはじいさんの畑に来るようになった。じいさんはたぬきを追っ払い、逃げるたぬきに向かって「たぬきめ、また明日来~い、明日来~い」というのであった。

(投稿者: カケス 投稿日時 2012-11-4 12:31 )


ナレーション市原悦子
出典愛知県
場所について愛知県稲沢市(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/4 14:20 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)