このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0867
ねこやまのはなし
猫山の話
高ヒット
放送回:0545-A  放送日:1986年04月26日(昭和61年04月26日)
演出:塚田洋子  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:塚田洋子
山口県 ) 20966hit
あらすじ

昔周防の国の大きな屋敷に、両親から離れて年季奉公に来ているお梅という娘がおりました。独りぼっちのお梅は、首に鈴を結んだ一匹の猫を「鈴」と呼んで、それはそれは可愛がっておりました。

ところがある日のこと、何の前触れもなく「鈴」がいなくなってしまいました。お梅はあちこち探し回りましたが「鈴」は見つかりませんでした。お梅は、旅の坊様から九州のいなばの山の猫山に行けば恋しい猫に会えると聞き、居ても立ってもいられなくなって、お屋敷から暇を貰うと猫山に向けて出発しました。

お梅は幾日も歩き続けて、やっと猫山にたどり着きました。そうして山の中の大きな屋敷に一晩泊めてもらうことになりました。その夜更け、お梅の隣の部屋から何やら人の話し声がします。お梅がそっと覗いてみると、なんと人の姿をした大きな化け猫達がヒソヒソとお梅を食い殺す相談をしているのでした。

驚いたお梅が震えていると、懐かしい鈴の音が聞こえ、一匹の化け猫が部屋に入ってきました。それは、あの「鈴」だったのです。「鈴」は「ここは日本中の年取った猫が集まる所で、人間の来る所ではありません。」と、お梅にすぐ逃げるように言い、もし猫に襲われたらこれを見せなさいと言って、白い包みをお梅に渡しました。

ところが、お梅が逃げ出そうとすると、屋敷の門の所でたくさんの化け猫達が待ち伏せしていたのでした。お梅は恐ろしさを堪えて、「鈴」がくれた白い包みを化け猫の前に突き出しました。すると化け猫達は急に後ずさりし、屋敷の中に逃げ込んで行きました。お梅がふと見ると、門の上で「鈴」がお梅を見送っており、お梅は無事屋敷の外に出ることができました。

周防の国に戻ったお梅が白い包みを開けてみると、そこには恐ろしい形相の犬が小判を十枚咥えている絵が描かれていました。そうしてその小判は、お梅の掌にキラキラと舞い落ちたのでした。お梅は「鈴」から貰った小判 のおかげで年季奉公も開け、国の両親の元に帰って幸せに暮らしたということです。

(投稿者: ニャコディ  投稿日時 2013-7-19 23:13 )


ナレーション常田富士男
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第一集(日本の民話29),松岡利夫,未来社,1960年09月14日,原題「猫山の話」,採録地「大島郡」,話者「宮本常一、鶴田亀雄」,大島昔話集
場所について周防国から九州へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.6875 9.69 (投票数 16) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/7/20 7:33 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)