このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0858
ひねくればばとみょうじんさま
ひねくれ婆と明神様

放送回:0539-B  放送日:1986年03月15日(昭和61年03月15日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:若林常夫
福島県 ) 10017hit
人は、いつまでも不幸を嘆かず、それを励みにして元気に暮らすべし

昔、石城(いわき)の見沼の里のある、合戸(ごうど)という所に、一人のひねくれ者の婆がいました。いつもこの婆は、明神さまへのお供え物を盗んで家に持って帰っていました。

それを見かねた隣の爺さんが優しく注意しましたが、婆は全く聞く耳を持ちませんでした。この婆は元々ひねくれていたわけでは無く、亭主の爺さんが死んでから「神も仏もありはしない」と、すねていたのでした。

ある時、村のご隠居さんが亡くなり、婆と隣の爺さんが葬式に行こうと一緒に歩いていました。すると婆は、葬式の日には通らない事になっている「明神さまの小道」をスタスタ通り始めました。隣の爺さんが引き止めるのも気にせず、明神さまの祠(ほこら)の前まで歩いて来ると、煙とともに巨大な明神さまが姿を現しました。

明神さまは「お供え物を盗んで喰った婆の舌をもらう」と言って、その姿は消えました。その時から、婆さんは口をきくことも食べ物の味を味わう事も出来なくなりました。心配した隣の爺さんがいろいろ励ますも、さすがに婆もバチがあたったとすっかりしょげていました。

ある夜の事。寝ている婆の枕元に明神さまが立ち「不幸を嘆かず、すねることなく励みにして過ごせ」と励ましました。そして、婆の口も元通りに戻してあげました。

それからの婆は、爺さんとの思い出を励みにして、末永く元気に幸せに暮らしました。

(紅子 2012-11-20 23:45)


ナレーション常田富士男
出典福島県
場所について合戸(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.3333 8.33 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/11/20 23:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)