このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0840
やなぎだいみょうじん
柳大明神

放送回:正月特番  放送日:1986年01月02日(昭和61年01月02日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
兵庫県 ) 10601hit
あらすじ

昔、兵庫の丸山川沿いに、見事な柳の木があった。

村人は、畑仕事の行きと帰りにこの木にお参りをして休憩していた。村人は、この柳は村の誇りや自慢に思っていて「柳様」と呼んでいた。

ある年の夏の終わり頃。大きな台風で、丸山川が溢れて柳様や村の田畑が流されてしまった。村人たちは村長と相談し、川の向こう岸の高台に田畑を作る事にした。

村人は、丸山川を歩いて渡る事ができる浅瀬を探した。少し川下の方に、腰ぐらいの浅瀬があったので、村人たちは鎌や鍬を持って無事に向こう岸に渡る事ができた。

向こう岸の高台は、岩や草がかなりあったので、村人たちは暗くなるのも気付かない程に一生懸命開墾した。仕事を終えて家に帰ろうとした頃にはすっかり日も暮れてしまい、渡って来た浅瀬がどこにあるか分からなくなった。

困っていた村人たちが川の前に立ち尽くしていると、川の一部が黄緑に光りはじめた。村人が竹の棒で光っている川底をつついて調べてみると、そこは浅瀬だった。そんな事が、次の日もそれからも続いた。

しばらくすると、また春の嵐で丸山川が氾濫したが、浅瀬は無事だった。村人たちは手をたたき合って喜んでいると、川の浅瀬が黄緑に光り泡が出てきたかと思うと、川の底から白くきれいに磨かれた柳様が浮かんできた。

村人たちは、柳様を掘り起こし、川のそばに丁寧に植えて社を建てて祀った。その年は村も豊作で潤い、村人たちは力を合わせて立派な橋もかけた。今では、この柳様の事を「柳大明神」と呼んで、信仰をあつめているそうな。

(投稿者: KK 投稿日時 2012-10-15 20:43 )


参考URL(1)
http://morinosita.sakura.ne.jp/jinnjya/odai.html
ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
場所について兵庫県豊岡市小田井町15-6 小田井県神社(柳宮神社)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/15 22:25 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)