このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0784
あかいわん
赤い椀

放送回:0492-B  放送日:1985年04月20日(昭和60年04月20日)
演出:しもゆきこ  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:今村春美
富山県 ) 15746hit
あらすじ

昔、富山の朝日町に「おせん」という、7歳のみなしごの娘がいました。おせんは歌が好きな娘で、おせんが透き通った声で歌えば、村人たちは仕事の手を休めて聞き惚れました。

おせんは、よその家の子守をしてその日その日をつないで暮らしていました。幼いおせんのたった一つの願いは、赤いお椀に真っ白なご飯をよそってお腹いっぱい食べる事でした。親もない子守娘のおせんには、とうてい叶うはずのない夢でした。

ある日、おせんは子守の手伝いをしている家の婆さまと一緒に、山へ山菜摘みに出かけました。その途中、草むらに赤いお椀が一つ置いてあるのを見つけました。おせんは、そのお椀が欲しくて欲しくてたまりませんでしたが、婆さまから「山で得体のしれないものを拾ってはいけない」とたしなめられて、グッと我慢しました。

山で山菜を摘んでの帰り道、やっぱり元の場所に赤いお椀が置いてありました。おせんは諦めきれず、赤いお椀を拾い上げました。すると、何とも怪しい風が吹き、風の中から不思議な声が聞こえてきました。

おせんは風の声に導かれるように、谷に向かって駆け出しました。谷に到着したおせんが、いつもはない丸木橋を渡り始めると、橋はぐらりと揺らぎみるみる大蛇に姿を変えました。

大蛇は、優しくおせんを咥えて、静かに谷の淵の底へと沈んでいきました。婆さまが淵に向かっておせんの名を呼びましたが、おせんは二度と浮かび上がってくることはありませんでした。

おせんの落ちたこの淵を「おせん落としの谷」と呼ばれるそうです。

(紅子 2013-9-13 0:49)


ナレーション常田富士男
出典富山の伝説(角川書店刊)より
出典詳細富山の伝説(日本の伝説24),辺見じゅん,角川書店,1977年11年10日,原題「赤い椀」蛇に魅入られた娘
場所についておせん落としの谷(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/13 0:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)