このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0078
そこつそうべえ
そこつ惣兵衛
高ヒット
放送回:0047-A  放送日:1976年08月28日(昭和51年08月28日)
演出:亜細亜堂  文芸:境のぶひろ  美術:亜細亜堂  作画:亜細亜堂
中国地方 ) 37489hit
あらすじ

昔、惣兵衛(そうべえ)という、それはそれは大変な粗忽者(そこつもの)がおりました。

その粗忽っぷりはというと、例えば、朝起きるとカカァの足と頭を取り違えたり、水と間違えてみそ汁で顔を洗ったり、朝日と夕日を間違えて仕事からすぐに帰ってきたりと、いつもこんな調子でした。

ある日、自分の粗忽の病を治してもらおうと、翌朝一番にお稲荷さんにお参りに行くことにしました。しかし真夜中にフクロウの声とニワトリの声を聞きちがえて、慌てて家を飛び出しました。その格好は、笠のつもりで鍋をかぶり、脇差のつもりでスリコギを腰に差しているという奇妙なものでした。

どうにかお稲荷さんに到着した惣兵衛は、お賽銭箱に三文入れるつもりで財布の方を投げ込みました。仕方なく弁当を食べようと風呂敷を開くと、自分の枕を包んでいました。腹が減っていたところに大福餅の出店があったので、店の人のスキをついて巨大な大福もちを持って駆け出すと、それは飾り物のセトモノでした。

もうもう全てがカカァのせいだ、とすごい勢いで怒鳴りこんだら隣の家でした。引き返して隣のカカァにペコペコ謝ると、今度は自分の家のカカァでした。どうにもならない粗忽者のお話でした。

(紅子 2011-11-5 0:39)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第9集(DVD第41巻)
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第7巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第16巻-第080話(発刊日:1977年6月15日)/童音社BOX絵本_第11巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/講談社テレビ名作えほん第025巻(発刊日:1978年4月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「中国地方の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
3.5417 3.54 (投票数 48) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/5 0:39 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)