このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0775
きんいろのたまご
金色の卵

放送回:0487-A  放送日:1985年03月16日(昭和60年03月16日)
演出:光延博愛  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:東雅之
山形県 ) 12996hit
卵から生まれた男の子が、爺婆を若返らせた話

子のない老夫婦が金色の卵を拾った。卵からは赤児が生まれ、老夫婦は神さまからの授かりものと大事に育てた。

卵彦と名づけられたその子はどんどん育ち、あれこれ手伝おうとするが、老夫婦は神さまの子にそんなことはさせられないからと手伝いを許さない。卵彦は、老夫婦が寝た後こっそり山に出て木の実などを集め、老夫婦を助けた。

ところがある日、お爺さんが谷に落ち、腰を傷めてしまう。ここぞとばかり卵彦は山へと働きに出るが、老夫婦は自分たちはもう長くはないと悲観してしまう。

すると卵彦が二足のわらじを持ってきて、それを履いて土間を三度踏めと言う。言われるようにすると老夫婦はすっかり若返ってしまった。

(引用/龍学-dragonology-)


参考URL(1)
http://www.hunterslog.net/dragonology
ナレーション常田富士男
出典澤渡吉彦(未来社刊)より
出典詳細出羽の民話(日本の民話06),澤渡吉彦,未来社,1958年04月20日,原題「金色の卵」,採録地「山形市」,話者「沢渡やそ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

11 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)