このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0772
もぐさのききめ
もぐさのききめ

放送回:0485-A  放送日:1985年03月02日(昭和60年03月02日)
演出:古辺光治  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
ある所 ) 6192hit
あらすじ

昔、あるところにお寺があり、和尚さんと珍念(ちんねん)という小僧さんがいました。この珍念はとてもいたずら好きで、いつも和尚さんからお灸を据えられていました。

ある日の事、とうとう和尚さんも怒って、特別大きなお灸を据えることにしました。珍念をお堂の柱に縛りつけ、頭にお灸を乗せたまま、その晩はお堂の番をさせました。

夜も更けた頃、本堂の金の仏像を盗みに泥棒が入ってきました。珍念は縄を振りほどき、急いで泥棒を追いかけましたが、お堂の外へ出た時にはその姿はありませんでした。

珍念さんは、自分が番をしていながらご本尊さまを盗まれてしまったので、とても困ってしまいました。ふと地面をみると、泥棒の足跡がくっきり残っている事に気が付きました。

そこで珍念は、泥棒の足跡に特大のお灸を据えました。お灸が燃え始めると、不思議なことに泥棒の足の裏がアツアツに燃え始めました。泥棒はなんとか我慢しながら走っていましたが、どうにもこうにも我慢が出来なくなり、とうとうお寺に仏像を返しに戻ってきました。

お灸の効き目なのか、ご本尊様のパワーなのか、それはわかりませんが、泥棒の足に火が付いたことは確かなようです。その後も、珍念はいたずらをしては、和尚さんからお灸を据えられたそうです。

(紅子 2013-9-23 1:26)


ナレーション常田富士男
出典川崎大治(童心社刊)より
出典詳細日本のふしぎ話(川崎大治 民話選3),川崎大治,童心社,1971年3月20日,原題「もぐさのききめ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/23 1:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (31 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)