このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0769
てごいねどん
テゴイネどん

放送回:0483-A  放送日:1985年02月16日(昭和60年02月16日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:フクハラ・ヒロカズ
鹿児島県 ) 11178hit
親切な男が背負った死人が、なんと小判にチェンジ

昔ある所に、テゴイネどんという親切で働き者の男が母親と一緒に住んでいた。本当は稲造という名前だが、みんなはテゴイネどんと呼んでいた。

ある寒い日、テゴイネどんが野菜を売り歩いている間に、日がとっぷりと暮れてしまった。家に残してきた母親の事も気になったが、仕方なくテゴイネどんは一晩の宿を頼もうと明りの灯っていた家に立ち寄った。すると中から白髪のお婆さんが出てきて「爺さんが亡くなったので墓地に棺桶を運んで欲しい」と、頼むのだった。

困っているお婆さんの頼みを断りきれないテゴイネどんは、爺さんがはいった棺桶を背負って、墓地へ案内するお婆さんの後をついて歩いた。随分歩いたところでお婆さんの姿を見失ってしまったが、ふと気が付くとそこは自分の家の前だった。気味が悪かったがこわごわ棺桶の中を確認すると、爺さんの死体は大判小判に変わっていた。

こうしてお金持ちになった野菜売りのテゴイネどんは、広い畑を持つようになりやさしい嫁さんをもらって、幸せな毎日を暮らすようになった。

(紅子 2011-11-18 19:12)


ナレーション市原悦子
出典鹿児島県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.8000 7.80 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/18 19:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)