このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0739
ふなにょうぼう
鮒女房
高ヒット
放送回:0464-B  放送日:1984年10月06日(昭和59年10月06日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:前田康成
滋賀県 ) 23428hit
あらすじ

昔、琵琶湖のほとりの堅田(かたた)に源五郎という名の男がいた。

ある日、源五郎が湖のほとりを歩いていると、岸辺にひどい怪我をしたフナを見つけた。源五郎は漁師だったが、このフナを取らず傷口に油薬を塗って逃がしてやった。

さて、次の日も源五郎がブラブラしていると、昨日フナを助けた辺りに見慣れない若い女が背中から血を流して倒れていた。源五郎は慌ててこの娘を家に背負って帰り、介抱してあげた。

やがて娘の傷も癒え元気を取り戻すと、娘は自分を嫁にしてほしいと源五郎に言った。独り者の源五郎、きれいな嫁さんがもらえて嫌と言うはずがない。ただ、娘は自分が湯浴みをしているところを決して見ないよう源五郎に約束させた。

それからの源五郎は、見違えるようによく働くようになり、また二人は傍目もうらやむほど仲良く暮らした。こうして瞬く間に数年の歳月が過ぎていった。

そんなある日、今日は珍しく朝から大漁で、源五郎はいつもより早く家に帰った。すると嫁の姿が見当たらない。嫁は裏で湯浴みをしていたのだ。これまで約束を守って一度も嫁の湯浴みを見たことがなかった源五郎だったが、この時は魔が差したのだろうか。もう何年も一緒に暮らしているので大丈夫だろうと思い、そっと湯船を覗いて見た。するとそこに嫁の姿はなく、何と大きなフナがゆっくりと泳いでいたのだ。

正体を見られてしまった嫁は、源五郎に別れを告げると琵琶湖に姿を消してしまう。「まってくれー!!ワシが悪かった!!」源五郎は慌てて嫁の後を追い、琵琶湖に舟を出した。すると沖合に出たころ、源五郎は嫁だったフナの姿を水中に見た。源五郎はその瞬間、何もかも忘れて水の中に飛び込んだ。そして嫁を追って泳いでいると、いつの間にか源五郎自身もフナになっていたということだ。

琵琶湖に住むフナのなかで、その体が少し大きいゲンゴロウブナにはこんな謂れがあるそうだ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-5-15 9:27)


ナレーション市原悦子
出典近江の伝説(角川書店刊)より
出典詳細近江の伝説(日本の伝説19),中川正文,角川書店,1977年6年10日,原題「鮒女房」源五郎鮒
場所について滋賀県大津市堅田(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.6667 8.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/15 9:28 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)