このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0712
ねててくわれるはなし
寝てて食われる話
高ヒット
放送回:0447-A  放送日:1984年06月09日(昭和59年06月09日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:又野龍也
岩手県 ) 21362hit
怠け者の若者が、油をしぼられ殺されそうになる話

昔ある所に、両親に食わせてもらって暮らす怠け者の若者がいた。いつしか両親が流行り病で死んでしまい、困った若者はお堂の仏様に「オラをただで置いてくれて、うまいものを腹一杯食わせてくれてるような所を世話してくれ」とお願いした。

すると仏様は「裏の川を上へと歩いていくと大きな屋敷が見つかる。そこの主人がお前の望みを叶えてくれる」と言った。若者はお告げの通りに川を上っていくと大きな屋敷があって、そこでは若者の望み通りの暮らしをさせてくれた。

一ヶ月ほど過ごしたある夜のこと、壁の向こうから「ポタポタ、ポタポタ」と奇妙な音が聞こえてきた。ここに来る途中に拾っていた箸で壁に穴をあけて覗いて見ると、主人が人を縛って宙吊りにして、火にかけて油をしぼっている最中だった。さらに主人は「明日はあの若者の油をしぼってやろう」と言っていた。

これを聞いた若者は、屋敷から一目散に逃げ出した。走っていた途中で石につまづき気がつくと、そこはお堂の軒下だった。これまでの事は夢だったのか?とも思ったが、手にはあの時の箸があった。それからの若者は一度死んだつもりで汗水流して働いて、自分の作ったもので腹一杯食えるようになった。

(紅子 2011-11-30 23:51)


ナレーション市原悦子
出典斎藤了一(鎌倉書房刊)より
出典詳細父母が語る日本の民話(上巻),大川悦生,鎌倉書房,1978年4月20日,原題「寝てて食われる話」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.7500 7.75 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/30 23:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)