このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0703
くもおんな
蜘蛛女
高ヒット
放送回:0441-A  放送日:1984年04月28日(昭和59年04月28日)
演出:杉井ギサブロー  文芸:杉井ギサブロー  美術:馬郡美保子  作画:上口照人
東北地方 ) 23595hit
あらすじ

昔、小間物の行商をして歩く一人の男がいた。その男の荷物には、一匹の女郎蜘蛛(じょろうぐも)が住みついていた。

男は里に向けて峠を歩いていたのだが、急な雨に降られ、峠の途中にあるお堂に駆けんだ。すると、お堂の隅の暗がりに一人の旅芸人の女が座っていた。

男は、女とお酒を飲みながら世間話などをしていたが、その女が半年前に助けた女郎蜘蛛の化身であることに気が付いた。しかし怖がることもなく、「まぁこれも旅の醍醐味ってもんだ」と笑った。やがて男は、女の弾く三味線の音を聞きながらウトウトと寝入ってしまった。

女は、正体がバレテしまったので掟に従い男を殺そうとするが、すっかり男に惚れてしまっていたので殺すことができず、自分の方が死ぬ事を決意する。

朝になり男が目を覚ますと、一匹の女郎蜘蛛が死んで転がっていた。男には蜘蛛が死んだ理由は分からなかったが、丁寧に弔ってあげて、里に向け出発した。

紅子(2011-9-4 22:35)


ナレーション市原悦子
出典辺見じゅん(角川書店刊)より
出典詳細妖怪と人間(日本の民話07),辺見じゅん=清水真弓,角川書店,1973年4年20日,原題「蜘蛛女」,伝承地「東北地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.8333 8.83 (投票数 24) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/4 22:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)