このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0070
ふとんのはなし
ふとんの話
高ヒット
放送回:0042-A  放送日:1976年07月24日(昭和51年07月24日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:藤本四郎  作画:藤本四郎
鳥取県 ) 37319hit
互いをいたわり合って死んだ、悲運の兄弟

昔、ある田舎町に、新しい宿屋が店を出しました。このの主人はあまりお金もなかったので、必要なものをほうぼうの古道具屋さんから買い集めました。

ある日のこと、初めてのお客が二階の部屋で寝ていると、「兄さん、寒かろう」「おまえも、寒かろう」という話し声が、布団から聞こえてくるというのです。怖がった客はさっさと宿屋から逃げて行きました。次の日もまた別の客に同じような怪異がおこり、不審に思った宿屋の主人もその布団に寝てみる事にしました。すると、確かに布団からあの声がするのです。

この布団には、きっと何かワケがあるのだろうと思い、布団を買った古道具屋をたずねてみました。実はこの布団は、町はずれにある一軒の小さな借家に住んでいた家族のものでした。大変、貧乏で家賃を払うのがやっとだったところに、父親が死に母親も死に、とうとう身寄りのない小さな兄弟だけになってしまいました。兄弟たちは家財道具や着物を売ったりして暮らしていましたが、とうとう布団が一枚残るだけになりました。

厳しい冬のある日、家賃が払えなくなった兄弟は最後の布団を取り上げられ、家から追い出されてしまいました。行くあてもなくあちこちとさまよった兄弟は、元の借家に戻ってしっかりと抱き合って眠りました。「兄さん、寒かろう」「おまえも、寒かろう」それから数日後、二人は遺体で発見され観音堂に葬られました。

この話を聞いた宿屋の主人は、布団を観音堂に運びお経をあげてもらいました。それからは、もうこの布団がものを言う事はなくなったという事です。

(紅子 2012-1-14 3:29)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
備考小泉八雲の「鳥取のふとんの話」が元になっている
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第32巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第17巻-第085話(発刊日:1977年7月20日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
8.8889 8.89 (投票数 27) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/14 3:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)