このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0676
はまぐりひめこ
はまぐりひめコ

放送回:正月特番  放送日:1984年01月02日(昭和59年01月02日)
演出:なべしまよしつぐ  文芸:沖島勲  美術:なべしまよしつぐ  作画:なべしまよしつぐ
青森県 ) 18161hit
あらすじ

むかし、父親を亡くし、やがて病弱だった母親も亡くして、曾祖母と二人で暮らしている吾一という男の子がいました。

ある日、男の子が漁をしていると小さなハマグリを釣り上げました。「せっかく釣ったが、助けてやるよ」といって、海へ逃がしてやりました。そして、また釣り糸をたらしていると今度も小さなハマグリがかかりました。一つ揚げておくかと、舟の上に転がしてまた釣り糸を垂らしていると、肩に手をかける者がいました。

吾一が振り向くと、いつ乗り込んだのか、船にきれいな娘が立っていました。「オラははまぐり姫コじゃ、お前の家まで連れて行ってくれろ」と言うので、少しの間だけ姫を吾一の家に置いてやることにしました。

その日の晩、はまぐり姫コはトンカラリトンカラリと機を織り始めました。幾日か経った頃、姫は反物を完成させて「私は観音様の使いです、そろそろ国に帰ります」と言って、観音様の姿を写した綺麗な反物を置いて海に帰っていきました。

そして吾一は、はまぐり姫から言われた通り、反物を売って商売を始めました。親孝行な吾一が商売を始めたと言うので、隣近所から人々が押し掛け、商売は繁盛しました。お婆さんも吾一も、元気に暮らしたという事です。

(投稿者: araya 投稿日時 2011-12-15 17:03)


ナレーション常田富士男
出典東北農山漁村文化協会(未来社刊)より
出典詳細みちのくの民話(日本の民話 別1巻),東北農山漁村文化協会,未来社,1956年06月10日,原題「はまぐりひめコ」,話者「青森県弘前市第二大成小学校教諭の斎藤正」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.0000 6.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/28 12:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

61 人のユーザが現在オンラインです。 (43 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)