このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0671
そばとこむぎ
ソバと小麦

放送回:0422-A  放送日:1983年12月10日(昭和58年12月10日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:金海由美子
鳥取県 ) 10621hit
あらすじ

ある寒い冬、川辺で蕎麦と小麦がおしくらまんじゅうをしていた時、足を怪我した身なりの汚い坊さんがやってくる。

川を渡るろうとしているのを見た蕎麦はお坊さんを助けようとするんですが、小麦はそれを笑ってからかう始末。で、蕎麦は坊さんを持ち上げて、冷たい川に入って向こう岸まで送り届ける。そのとき川の水で蕎麦の根元が赤くなった。

で、坊さんはお礼をしたいが何がいい?と聞かれたので蕎麦は寒い冬を過ごさない様になりたい、と言ったので坊さんはその願いを叶え、それ以来蕎麦は秋に収穫され、冬は暖かい建物の中で過ごせるようになった。

一方坊さんを冷たくあしらった小麦は、寒い冬の中を過ごすだけでなく、麦踏で人に踏みつけられる様になった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典山下清三(偕成社刊)より
出典詳細鳥取県の民話(ふるさとの民話7),日本児童文学者協会,偕成社,1978年10月,原題「ソバと小麦」,再話「山下清三」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.8333 8.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/18 17:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)