このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0657
つきへいったこ
月へ行った子

放送回:0412-B  放送日:1983年10月01日(昭和58年10月01日)
演出:阿部幸次  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:阿部幸次
北海道 ) 13463hit
神様の怒りに触れた少年の話

両親に先立たれた、姉と弟が小さな家に住んでいた。姉は女手ひとつで弟を育てていたが、その弟は毎日怠けてばかりで困らせていた。

ある日、弟は神様である家のあらゆる物を棒きれで叩くいたずらをした。見かねた姉は「お前、そんな事をしたら今にバチがあたるよ!」と注意したが、弟は桶を手にするとプイと出て行ってしまった。

弟はそのまま行方不明となってしまった。姉は心配になり、弟を捜しに出かけた。途中、川の魚たちに会い、弟の行く先を尋ねてみた。しかし、どの動物たちも、弟を見かけたが、行く先までは教えてはくれなかった。

途方に暮れた姉は、さらに川下の方へ行くと、鮭たちが泳いでいるのに出くわした。姉は鮭たちにも尋ねてみると、ついに弟の行先を教えてくれた。

それによると「男の子は、神様のバチがあたって月の世界へ連れていかれました。」というのだ。それを聞いた姉は、その場で泣き崩れてしまったのだった。

やがて夜になり、姉が空を仰ぐと月に水汲をしている弟の姿が見えた。弟は今でも、月で水を汲んでいるそうだ。

(投稿者: マニアック 投稿日時 2011-7-1 23:13 )


ナレーション常田富士男
出典松谷みよ子(角川書店刊)より
出典詳細自然の精霊(日本の民話02),松谷みよ子,角川書店,1973年8年23日,原題「月へ行った子」,伝承地「北海道」
場所について北国の山あい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.4444 5.44 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/25 2:33 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

48 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)