このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0647
はちとあり
はちとあり
高ヒット
放送回:0406-A  放送日:1983年08月20日(昭和58年08月20日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:森川信英
秋田県 ) 21117hit
あらすじ

昔、秋田の男鹿半島に、働き者の蟻(アリ)とナルシストの蜂(ハチ)が住んでいました。アリはいつも泥まみれになって働いていましたが、ハチは自分の美しい羽や容姿に我ながらうっとりして暮らしていました。

ある日、ハチとアリが海に魚を捕りに出かけました。一足先に海にたどり着いたハチは、にしんの群れを見つけて、さっそく1匹捕まえました。遅れて海にたどりついたアリは、でっかい海に感動してしばらくアタフタしていると、大波にはじかれた鯛が頭の上に落ちてきました。そこへハチが飛んできて、「見た目の美しいオラにこそ赤く美味しい鯛が似合う、だからよこせ」と変な理屈をこねはじめ、納得できないアリとハチはとうとうケンカになってしまいました。

そこで二人は、知恵者の村長さんに裁いてもらおうと、海での出来事を細かに説明しました。すると村長は、「算数の九九では"二四が八"というから"にしんが蜂"じゃ。そして、人から物をもらったら"ありがたい"というから"蟻が鯛"じゃ」と、判決を下されました。

近くで判決を聞いていたイタチは「あたりまえだよ」と笑っていたが、蟻と蜂は友達だったから鯛は二人で分け合ってなかよく食べました。

(紅子 2011-11-4 0:40)


ナレーション常田富士男
出典秋田県
DVD情報DVD-BOX第11集(DVD第54巻)
場所について男鹿半島(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第059巻(発刊日:1986年8月)
講談社の300より書籍によると「秋田県のお話」
8.7500 8.75 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/4 0:40 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)