このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0621
きつねぐら
狐鞍

放送回:0389-A  放送日:1983年04月23日(昭和58年04月23日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:森川信英
要調査 ) 5667hit
あらすじ

記憶のかぎりお届けしますが、こんな感じの話だったと思います。間違っていたら、ごめんなさい。ご指摘お願いします。

あるところに、貧しい男が住んでいた。

男の畑は山の上の荒地にあって、そこを馬と鋤を使って耕している。ところが、あまりに貧乏なため、鋤を付ける鞍を買う金がない。そこで荒縄を編んで鞍の代わりにしていたが、縄の鞍はすぐに切れてしまうので、そのたびに結びなおさなければならず、仕事は捗らない。

男の畑と家の間には、温泉が湧いている所があって、男と馬は仕事が終わった後、毎日その温泉で汗を流してから家路に着く。

ある日、いつものように男と馬が温泉につかっていると、「助けてぇ~」という声がする。見ると、狐の親子が崖から落ちそうになって助けを呼んでいる。男と馬は急いで縄の鞍を解いて、それを使って狐の親子を助けてやった。

その夜遅く、男が眠っていると家の前で「どんがらやっしゃ!」と大きな音がする。男が外に出てみると、立派な鞍がおいてあって、狐の親子が去っていくところだった。

それ以降、狐のくれた鞍のおかげで、男と馬の畑仕事は随分捗るようになったということだ。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2012-2-17 12:57 )


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/17 19:50 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)