このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0599
あてのないたび
あてのない旅

放送回:0375-A  放送日:1983年01月15日(昭和58年01月15日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:折芝千草  作画:後藤真砂子
中部地方 ) 17601hit
あらすじ

とある里に年老いて働けなくなった馬がおりました。ある晩、家の主人が「働けなくなった馬を生かしておく理由も無いから、殺して皮でも剥ごう」と会話しているのを聞いた馬は、恐ろしさに駆られ馬屋を破って逃げ出しました。

逃げ出して命拾いしたのは良いものの何処にも行く当てが無く、仕方なしにとぼとぼ歩いていると、馬と同じように年老いて働けなくなり、殺されそうになって逃げ出した犬と、猫と、ニワトリに出会いました。3匹と1羽は連れだって旅をする事になりました。

その夜は小雪交じりの寒い夜でした。皆がひとつ処に固まって寒さをしのいでいると、何処からか人の話し声が聞こえました。3匹と1羽が様子を伺うと、二人の泥棒が盗んだ千両箱を前に酒盛りをしているところでした。

それを見ていた猫が皆に提案しました。「みんなであの泥棒を驚かして、あの千両箱を奪ってやろう」。

それで馬の上に犬が乗り、犬の上に猫が、猫の上にニワトリが乗り、皆で一斉に大声で「ヒヒーン!」「ワンワンワン!」「ニャーゴ!」「コケッコー!」と叫びましたら、泥棒はその大声にすっかり胆を潰し、お宝を放置して一目散に逃げてしまいました。

まんまとお宝をせしめた3匹と1羽は、それからもずっと一緒に旅を続けたと言う事です。

(投稿者: 熊猫堂  投稿日時 2012-9-6 4:56)


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細動物の世界(日本の民話01),瀬川拓男,角川書店,1973年5年20日,原題「あてのない旅」,伝承地「中部地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
4.0000 4.00 (投票数 9) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/6 15:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)