このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0585
やまのくじらうみのいのしし
山の鯨・海のいのしし
高ヒット
放送回:0367-A  放送日:1982年11月13日(昭和57年11月13日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:折芝千草  作画:石井文子
九州地方 ) 20661hit
あらすじ

昔々、大昔のことです。クジラは山に住んでおりました。

大きな大きなクジラはすぐにお腹を減らしてしまい、餌をとるにも大騒動。山は崩れ、川はせき止められ、しまいには山の神様が住む大山に激突する始末でした。

山の神様はほとほと困ってしまって、海の神様に相談しました。クジラを海でもらってくれないか?と言った山の神様に、海の神様は、では泳ぎが下手でいつも餌をとれないでいるイノシシが可哀想だから、イノシシを山にあげようと言いました。

こうして住む場所を変えたクジラとイノシシでしたが、イノシシは不満でした。大好物のエブラウナギ(海蛇)が山にはいなかったのです。サワガニを捕って食べていたイノシシでしたが、ついに山の神様に相談しに行きました。

すると、山の神様は自分に噛み付いてきたマムシをエブラウナギの代わりに食べて良い。と言い、それ以来、イノシシは蛇を食べるようになったのでした。

一方、クジラは広い海の中で大喜びで魚を食べていましたが、あまりに沢山の魚を食べるものだから、魚たちが海の神様に苦情を言いに行きました。

海の神様は、クジラにオキアミを食べるように言いつけましたが、オキアミは小さくクジラはなかなか満腹にならないので、神様の目を盗んでは魚を沢山食べていました。

二度目の苦情を聞いた海の神様は怒って、シャチを呼び「クジラを見張って、もし言いつけを破るようなら噛み付いてしまえ!」と命令しました。それで今でもシャチはクジラが言いつけを破っていないか追い掛け回すようになったのでした。

クジラは悲しくて、もといた陸に帰りたいと思うようになりました。時々、陸に近づくクジラがいるのは陸を恋しがっているからだそうです。

(投稿者: もみじ 投稿日時 2012-9-9 23:39 )


ナレーション市原悦子
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細動物の世界(日本の民話01),瀬川拓男,角川書店,1973年5年20日,原題「山の鯨・海のいのしし」,伝承地「九州地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.6000 5.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/10 5:11 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)