このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0570
おさんぎつね
おさん狐
高ヒット
放送回:0357-A  放送日:1982年09月04日(昭和57年09月04日)
演出:杉井ギサブロー  文芸:杉井ギサブロー  美術:馬郡美保子  作画:細谷秋夫
大分県 ) 25302hit
あらすじ

昔、豊後国の小野瀬の河原に、おさんという古ぎつねが住んでいました。おさん狐は、それはそれは化け上手で特に若い娘に化けるのが上手でした。村の若者もキツネと分かっていながら、この娘に会いに夜な夜な河原に出かける程でした。

ある晩、この河原に行商の男が通りかかりました。さっそくおさん狐は若い娘に化け、行商の男に声をかけました。まぁ男も旅なれた剛の者で、すぐにキツネであることに気が付きましたが、男は騙されたふりをして誘われるがままおさんの家に上がり込みました。

行商の男は、出されたお酒も得体のしれない酒だとわかっていながら、くいっと飲み干しました。そして「なかなかの化けっぷりだが、ちと若すぎるんじゃないか?」と言いました。化けの皮がはがれたおさん狐も落ち着いたもので、それならと今度は色っぽい芸者に変身しました。その晩、男と芸者姿のおさん狐は、きつねと人間のへだてを忘れて一晩中酒を酌み交わし語り明かしました。

二人の夜が明けて秋風が吹きはじめた朝になると、男は再び旅立っていきました。それからもおさん狐は、河原に来る人を相手に人とキツネの垣根を越えて、打ち明け話を聞いたりしたりしたそうです。

(紅子 2012-2-17 0:55)


ナレーション市原悦子
出典大分県
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第39巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「大分県のお話」
9.5000 9.50 (投票数 36) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/17 0:55 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)