このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0569
とぶき
飛ぶ木

放送回:0356-B  放送日:1982年08月28日(昭和57年08月28日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:工藤美由紀  作画:須田裕美子
写真あり / 栃木県 ) 19949hit
あらすじ

享保8年(西暦1723年)8月8日に、宇都宮で大洪水が起こった。世にいう、五十里洪水(いかりこうずい)である。羽黒山明神(はぐろやまみょうじん)近くに住むお松ばあさんは、この大洪水をひと月も前に予言していた。

ひと月前、お松ばあさんが二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)の拝殿わきでウトウトしていると、何やら話し声を耳にした。それは、もうすぐこの一帯で起こる大洪水の被害を最小限にするため、神様たちが相談している声だった。神様たちは、羽黒山の銀杏の木と白沢明神(しらさわみょうじん)の大杉を使って、溢れる大水をせき止める作戦を話し合っていた。

お松ばあさんは、この神様の話を息子の与太(よた)に聞かせたが、与太は信じなかった。しかし現実に、このところの大雨の影響で鬼怒川の堤防が壊れ、川の水があふれ始めた。その時、羽黒山の銀杏の木が倒れ、大波が集落に流れ込む事を防いだ。そして、白沢の大杉が空を飛んできて、その銀杏を支える杭のようにズボっと突き刺さり、大水に耐えた。

こうして神様の計画通り、集落一帯は大した被害が出ることなく、夜になると水も引いた。
銀杏と杉の大木のおかげで、五十里洪水の被害は最小限に抑えられたそうだ。

(紅子 2011-9-9 2:35)


参考URL(1)
http://st0011.nas931.utsunomiya.nttpc.ne.jp/ext/minwa/ks/minwa71.html
ナレーション常田富士男
出典栃木県
備考享保8年(西暦1723年)8月10日、五十里大洪水の話
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
5.6250 5.63 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/9 2:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)