このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0568
せんだづか
千駄塚

放送回:0356-A  放送日:1982年08月28日(昭和57年08月28日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:若林常夫
写真あり / 栃木県 ) 17693hit
あらすじ

昔、下野(しもつけ)に、牧の長者という骨董好きな大金持ちが住んでいました。その頃、陸奥の国にもたいそうなお金持ちの商人がいて、貴重な荷物を運ぶ途中、長者の屋敷に一晩泊めてもらう事になりました。長者と商人は、お互い和やかにご馳走をいただきながら、お互いが好きな骨董話に花を咲かせていました。

やがて、長者が持っている不思議な「鶏の掛け軸」の話になりました。この鶏の掛け軸は、巨勢金岡(こぜのかなおか)が書いた名品で、夜明けになると鳴くという不思議な物でした。この話を信じられなかった商人は、この話が本当かどうか、商人の荷物で賭けをすることにしました。

しかし商人の予想ははずれ、翌朝に本当に鶏が鳴く声を聞きました。商人は約束通り千駄(千頭の馬)の荷物を牧の長者に与えて、すごすごと陸奥の国へ引き返していきました。貴重なろう(ソウロクの蝋)を全部とられた商人は、悔しくてたまりませんでした。

それから何日かたって、再び商人が千駄の荷物を引いて長者の屋敷に現れました。「もう一度、鶏が鳴くかどうか、この千駄の荷物と賭けをしたい」と申し出た商人に対して、長者は快く賭けに乗りました。その晩、商人はこっそりと掛け軸の鶏の首に、深々と釣り針を刺しこみました。翌朝、鶏は鳴かず、賭けに勝った商人は荷物を取り返し、代わりに馬に乗せてきた瓦の破片(かわらけ、つまりガラクタ)を置いて揚々と帰って行きました。

長者は、商人が去った後に鶏の首に針で刺された傷跡を見つけ、商人の悪巧みだったことに気が付きました。「つまらない賭けにのったばかりに、かわいそうなことをした」と自分を戒めた長者は、商人が残していったかわらけで小高い塚を築きました。その後、この塚は「千駄塚」と呼ばれるようになりました。

(紅子 2012-2-17 19:54)


ナレーション市原悦子
出典栃木県
備考商人が刺した針は、山佐知毘古という神様が海で無くしたという釣り針。
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第57巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について栃木県小山市千駄塚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「栃木県のお話」
7.6667 7.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/17 19:54 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)