このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0558
おかげまいり
おかげ参り

放送回:0349-A  放送日:1982年07月10日(昭和57年07月10日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:森川信英
三重県 ) 14156hit
二人と一匹、おかげ参り

昔、阿波の徳島の呉服屋にお千代という年頃の一人娘がいた。お千代は「おさん」という変わった顔をした子犬を飼っていた。その隣の染物屋に与七という跡取り息子がいた。与七はお千代を好いていた。

その年は60年に一度のお伊勢さんのおかげ参りの年だった。お千代は御札が欲しくて与七をおかげ参りに誘った。こうして与七、お千代、おさんの三人でおかげ参りに出かけることになった。お千代とおさんは物珍しくて旅を楽しんでいたが、与七は歩くのも犬も嫌いだったので憂鬱だった。

そのうち旅で浮かれたお千代は、色々な物を食べすぎてしまい、お腹をこわしてしまった。旅がつづけられなくなったお千代は、「このかんざしを私と思ってお参りに行ってちょうだい」と与七に頼んだ。与七は行きたくなかったが、おさんに嗾けられて大阪へ、そして伊勢へ向かった。

途中で与七は野良犬の群れに襲われそうになったが、そこにおさんが現れた。するとおさんの顔があまりに可笑しかったのか、野良犬の群れはおさんを見て笑い出した。そして驚いたことに、野良犬の群れはおさんに付き従うようになったのだ。野良犬の群れは与七の乗った荷台を押し、おさんを先頭にお伊勢さんに到着した。

子犬が野良犬を従えるのを見たおかげ参りの人々は驚き、これもお伊勢さんのおかげじゃと囃した。

与七は無事おかげ参りをすませ、お伊勢さんの御札を手に入れた。国に帰った与七はお千代と夫婦になり、店も一緒にして商売は大繁盛した。これもひとえにおさんのおかげじゃという話じゃ。

(投稿者: hiro 投稿日時 2012-1-14 19:29 )


参考URL(1)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E8%94%AD%E5%8F%82%E3%82%8A
ナレーション市原悦子
出典三重県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/14 20:43 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)