このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0551
ししとりたろう
シシとり太郎

放送回:0345-A  放送日:1982年06月12日(昭和57年06月12日)
演出:平松達也  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:小堤一明
岩手県 ) 11205hit
あらすじ

昔ある山の中に、働き者の「太郎」と怠け者の「次郎」という二人の木こりが住んでいました。

ある日、食べ物がなくなったので、太郎は一人で山へ猟に出かけていきました。山についた太郎は、さっそく大きな落とし穴を掘り、獲物を探して山の奥へと登っていきました。やがて、草むらの中でガサゴソしている大きなイノシシを見つけました。

落とし穴まで誘い出そうとしていた所に、どこからか蜂が現れて太郎の周りをブンブン飛び回りました。蜂を追い払おうとした太郎が「こっちの蜂はあっちへ行け、あっちのシシはこっちへ来い!」と怒鳴ると、太郎の言葉通りに蜂は去ってイノシシがやってきました。太郎は追いかけてくるイノシシを交わしながら、見事に落とし穴に落として捕獲に成功しました。

この話を聞いた怠け者の次郎も、そんな楽して獲物がとれるならば、と自分も真似して山へ出かけていきました。山奥に入った次郎が、草むらの中に大きなイノシシ見つけると、やっぱり蜂がブンブンと集まって来ました。次郎はうっかり「あっちの蜂はこっちへ来い、こっちのシシはあっちへ行け!」と、あべこべに叫んでしまいました。

すると言葉通り、せっかくのイノシシはあっちへ逃げてしまい、蜂は次郎めがけて押し寄せて全身くまなく刺しまくりました。これからというもの、次郎はすっかり懲りて一生懸命仕事に励むようになりました。

(紅子 2012-4-19 23:16)


ナレーション市原&常田
出典岩手県
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第32巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第074巻(発刊日:1987年4月)
講談社の300より書籍によると「岩手県のお話」
4.6000 4.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/19 23:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)