このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0546
くびひねり
首ひねり

放送回:0341-B  放送日:1982年05月15日(昭和57年05月15日)
演出:泉真一  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:関口まゆみ
熊本県 ) 14971hit
あらすじ

昔、熊本県の菊池に「地獄」と呼ばれる所がありました。

たまたまこの近くを通りかかった行商の男が、一晩の宿をもとめて一軒の民家に立ち寄りました。民家の夫婦は男を快く迎え入れ、宿屋にしては汚れた薄気味の悪い部屋に通してくれました。しばらくして、旅の疲れからぐっすり寝込んでいた男の耳に、隣の部屋から夫婦の話し声が聞こえてきました。

「今晩は手打ちにしようか、半殺しにしようか…」と、相談している声でした。男は「きっとここは強盗の家だったんだ」と思い、スキをみて逃げ出そうとしましたが、四方を壁に囲まれた部屋からは逃げられませんでした。男は恐怖で身震いしながら、夕食に出されたぼた餅の味も分からないまま平らげて、夫婦の機嫌を損ねないように振舞いました。

しかし、夜になっても部屋の前には夫婦がいたため、なかなか逃げるチャンスがありませんでした。しばらくすると、亭主が「お前は地獄で待っていろ、俺が首をひねるから」と嫁に言っている声が聞こえてきました。男はあまりの恐ろしさに、民家から一目散に逃げ出しました。

男は町の奉行所にかけ込み、これまでの事を話しました。それを聞いた役人は、笑いながら「手打ちとは手打ちうどんの事で、半殺しというのはぼた餅の事だよ。それに地獄というのは湧水があった場所の事で、首をひねるというのはミノの襟をワラで縒る(よる)という事だよ」と説明してくれました。

男は夫婦の元に戻り、自分の勘違いを詫びました。それからの男は、まずその土地の言葉をよく理解してから話すようにしたそうです。

(紅子 2012-6-29 1:15)


ナレーション市原悦子
出典熊本県
場所について昔、地獄と言われたエリア(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.8000 7.80 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/29 1:15 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)