このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0054
みづうみのかいぎょ
湖の怪魚
高ヒット
放送回:0031-A  放送日:1976年05月08日(昭和51年05月08日)
演出:児玉喬夫  文芸:沖島勲  美術:稲場富恵  作画:高橋信也
北海道 ) 33393hit
あらすじ

北海道の山奥に美しい大きな湖があった。その湖のそばで、少年サマイと勇者カンナカムイが話をしていた。カンナカムイは大きな鹿と戦う話をサマイに聞かせていた。

ところで、ある頃から、この湖に大きな怪魚が現れるようになり、湖の畔の村人は漁ができなくなってしまった。そこで、村人はカンナカムイに湖の怪魚を退治してもらおうということになった。

カンナカムイは湖の獲物とは戦わないと言って一度は断るが、ある日、カンナカムイが湖を通りかかったときに偶然怪魚を目撃し、退治にのりだすことを決心する。そしてその夜、カンナカムイは湖に船を出し、怪魚が現れるのを待った。

何時間かすると怪魚があらわれ、カンナカムイの船を襲ってきた。船がひっくりかえって、カンナカムイと船の漕ぎ手は湖の中に放り出されてしまった。漕ぎ手がひっくり返った船にしがみついてあたりをみると、カンナカムイが怪魚の背に乗って戦っているのを見た。漕ぎ手はなんとか村に戻りそのことを伝えたが、その後、怪魚もカンナカムイも現れなかった。

それから何ヶ月かして、湖から流れ出る川のほとりに大きな魚の死骸があがり、その頭にはカンナカムイの銛がささっていたということである。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:50 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考チライ=イトウという名の魚。北海道厚岸湖などが生息地。
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第56巻)
VHS情報VHS-BOX第1集(VHS第8巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第10巻-第049話(発刊日:1976年12月10日)/二見書房まんが日本昔ばなし第12巻-第47話(発刊日:2006年7月18日)/講談社テレビ名作えほん第018巻(発刊日:1977年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「北海道の昔ばなし」
講談社の300より書籍によると「北海道のお話」
6.8571 6.86 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)