このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0539
いそえもん
磯右ヱ門

放送回:0337-A  放送日:1982年04月17日(昭和57年04月17日)
演出:堀口忠彦  文芸:境のぶひろ  美術:あかばんてん  作画:堀口忠彦
和歌山県 ) 14029hit
ビッグな金玉袋でピンチを切り抜けた男の話

昔、あるところに正直者で働き者の磯右ヱ門という若者がいた。

ある日、村の権現さまの宮司から、本宮(ほんぐう)まで使いを頼まれた。山坂をいくつも越えてようやく本宮まで辿り着いたが、本宮の宮司からすぐに権現さまに届けて欲しいと、書状と20両もの大金を渡された。

磯右ヱ門は仕方なく、そのままとんぼ返りで帰路についた。しかしもう日は暮れているし、途中の山道では山賊が出るという噂だったので、おそるおそる森の中を進んだ。

暗い森の中で、たき火をしている二人組の山賊を見つけた。そんな時、村で一番の剛気の作平(さくべい)爺さんを思い出した。作平爺さんは大きなふぐり(金玉)の持ち主で、大ふぐりの男は度胸がすわっているという言い伝えがあった。そこで磯右ヱ門は、股間に大量の苔を詰め込んで山賊の前に進み出た。

山賊たちは、磯右ヱ門の大きく膨らんだ股間を見て、何も手出しせず親切に見送ってくれた。とっさの機転でピンチを乗り越えた磯右ヱ門は、無事に村まで帰りつき、権現さまにお金を届ける事が出来た。

(紅子 2011-9-17 20:21)


ナレーション市原悦子
出典和歌山県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「和歌山県のお話」
7.0000 7.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/17 20:21 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

11 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)