このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0532
はっぽうじまいそえもん
八方島伊惣ヱ門

放送回:0334-A  放送日:1982年03月27日(昭和57年03月27日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:名古屋緑  作画:小林治
要調査 ) 7252hit
あらすじ

とある村に惣八という若者がいました。一人者の惣八は信心深く毎日観音さまをおがんでた。

ある日仕事中綱をしぼるように握ったら、簡単にちぎれ、今まで一人では動かせなかった石臼もぐるぐる回せたり、村人もびっくりするばかり。

これは観音様から力をいただいたとのことで、噂となり、惣八は八方島伊惣エ門と呼ばれることとなる。この話はたちまち殿様の耳に入り、家老はこの観音様を奪おうと画策。

家老は伊惣エ門に殿様御前での相撲大会に参加を促す。殿様の紋をとさしあげるのを城門がもらえると勘違いした伊惣エ門は参加を承諾。家老は選りすぐりの力士をそろえたが、伊惣エ門は簡単にねじふせる。

そこで巨大な大男、きたがだけとさまに対戦。あまりにも巨大なきたがだけに苦戦する伊惣エ門。苦境にたたされた伊惣エ門は南無観世音菩薩ととなえたら、伊惣エ門はきたがだけを持ち上げ、山向こうまで投げ飛ばしてしまった。

殿様は感服し、伊惣エ門は城門をひっこぬき、自宅まで持ち帰ったとさ。

(投稿者: ほちみん 投稿日時 2013-3-6 7:33)


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/3/7 4:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)