このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0524
おかいこさま
お蚕さま
高ヒット
放送回:0328-B  放送日:1982年02月13日(昭和57年02月13日)
演出:しもゆきこ  文芸:境のぶひろ  美術:しもゆきこ  作画:しもゆきこ
長野県 ) 28568hit
天から虫が降ってきた。蚕を飼うようになった由来

昔、信州のある村に、仲の良い夫婦と一匹の馬がいた。七年たってやっと産まれた女の子が、夫婦の一番の宝物だった。娘はすくすく育ち、馬もこの娘がかわいいようで、馬小屋に引き入れては仲よく遊んでいた。

春になったある日、家で留守番していた娘がいなくなった。大慌てで探しまわったがどこにも見つからず、一晩中探し回って家に戻ってくると、娘は馬小屋で眠っていた。両親はいそいで娘を馬から引き離し、どうしても馬を許せなかった父親は、山に連れて行って殺してしまった。

それを知った娘は大泣きし「馬のところへ行く」と言って、家から飛び出した。娘可愛さに馬を殺した罰だろうか、娘は竜巻にまかれて天高く舞い上がりそのまま姿を消した。

時が過ぎ、夫婦は魂が抜けたように空を見上げていると、愛しい娘が馬に乗って空を駆けている姿を見た。そして馬の顔に似た二匹の虫が、一枚の木の葉に乗ってひらひらと落ちてきた。

この虫の背には、馬の蹄(ひづめ)のような模様があり、馬のように桑の葉をモリモリ食べた。美しい糸を吐くこの虫を、夫婦は娘のように大切に育て、数を増やして村人たちにも分けてあげた。これが養蚕の始まりです。

(紅子 2011-12-5 1:51)


ナレーション常田富士男
出典長野県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「長野県のお話」
8.6000 8.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/5 1:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)