このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0523
しゅりょうのしてんのう
狩猟の四天王

放送回:0328-A  放送日:1982年02月13日(昭和57年02月13日)
演出:もりまさき  文芸:境のぶひろ  美術:安藤ひろみ  作画:川尻善昭
大分県 ) 16470hit
ものすごい鉄砲の名人4名のエピソード

九州に4人の狩りの名人がいました。

山石原の次郎左衛門(じろうざえもん)は、大阿蘇の主の大イノシシを一発で仕留めた。
堀川の金右衛門(きんうえもん)は、一日で兎を百羽とった。
岡上の善兵衛(ぜんべえ)は、夜撃ちでカモを百羽とった。
谷汲川の遊太郎(ゆうたろう)は、九州一の人さらいの大鷲を一発で撃ち落とした。

これほどの名人になると、逆になかなか山へ入らなかったので、四人の妻たちは暮らしに困って内職を助け合ってこなしていた。それでも四人の評判はあちこちに知れ渡っていたので、方々からたくさんの見物人が集まってきて、いつも若者たちが周囲にたむろしていた。

さて、ある朝早くに善兵衛が山へ入り、それと時を同じくして遊太郎も山へ入った。喜んだ野次馬たちも後からついて行き、妻たちも獲物を心待ちにしていたが、二人とも手ぶらで帰ってきた。野次馬たちに理由を聞くと、「善兵衛と遊太郎が谷を挟んだ崖から向かい合って鉄砲を撃ち、二人のど真ん中でぶつかり合って弾が一つにくっついた」と、興奮しながら説明した。

またあくる日、次郎左衛門が珍しく気分が乗ってイノシシを撃ちまくっていると、弾が無くなってしまった。ふと見ると、はるか遠い山の上に金右衛門がいたので、弾を一発借りることにした。金右衛門がズドンと撃った弾を、次郎左衛門が鉄砲の筒先で受け止めた。

なんとも嘘のような名人たちは、男たちには大評判だったが女たちには受けが悪かったそうだ。

(紅子 2012-1-5 20:54)


ナレーション市原悦子
出典大分県
DVD情報DVD-BOX第6集(DVD第27巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第31巻よりぬき名作集-第154話(発刊日:1983年5月)
サラ文庫の絵本より弓矢の名人とおなじように、鉄砲うちの名人のおはなしも数多く語りつがれてきました。これは、九州の阿蘇山のあたりにいたという四人の鉄砲名人のおはなしですが、やはりすぐれた腕まえの持ち主として知られる、愛媛のトッポ吉という猟師のおはなしには、こんなとぼけたものがあります。…ある日、トッポ吉が竹やぶのなかで鳥をねらってうったら、タマが竹にあたってカチカチはねかえり、とうとう、夜までそれがつづいていたとさ。「かもとり権兵衛」のように、鉄砲うちはヘタでも、おかしなぼうけんをする猟師もいたり、さまざまです。(かっこ枠なし)
講談社の300より書籍によると「大分県のお話」
8.1250 8.13 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/5 20:54 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)