このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0518
またたび
またたび

放送回:0324-B  放送日:1982年01月16日(昭和57年01月16日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:古宇田由紀子  作画:須田裕美子
長野県 ) 16876hit
あらすじ

雪がしんしんと降り続いているある夜の事、一人の男が女房に向かって話しはじめました。

昔、長野の塩尻に、病気の母親と暮らす一人の博打好きな若者がいました。若者は毎日博打に明け暮れ、その日もスッカラカンになって明け方頃に帰ってきました。すると母親はもう虫の息で、さすがの男もその時ばかりは心配しました。

その辺りには医者もいないし、薬を買うお金もない。若者は隣のじい様から聞いた「またたびの水を飲ませれば病気が治るかもしれない」という言葉に、急いで山へ向かいました。しかし、その日に限ってなかなかまたたびは見つからず、ようやく「かもしか岩」の下にまたたびを見つけてツルを切ってみましたが、どういう訳かちっとも水が出てきませんでした。

既に夕方ちかくになっていて、焦った若者が「神様ー!おっ母の命を助けてくれろ」と叫びましたが、結局水は一滴も出てきませんでした。日がとっぷりと暮れた頃、山のこだまのように「せがれや、もうええよぉ」と母親の声が聞こえてきました。この声を聞いた若者が、家に走り帰ると既に母親は死んでいました。若者の持ち帰ったふくべ(ひょうたんの入れ物)には、またたびの水が一杯に入っていましたが、、、

「もう何もかも間に合わない話だよ」と、自分自身に問いかけるように話していた男に向かって、女房は言いました。「間に合ったものが一つだけあったよ、親を思う心じゃ。そんな事があってから、その人は博打も酒もやめて私と子供のために汗水流して働いてくれている」優しく言う女房の顔を見た男は、少しだけ笑顔を見せました。

(紅子 2012-2-9 23:48)


ナレーション市原悦子
出典長野県
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第37巻)
場所について塩尻市大字宗賀(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「長野県のお話」
7.9444 7.94 (投票数 18) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/9 23:48 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)