このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0516
あやめづか
あやめ塚

放送回:0323-A  放送日:1982年01月09日(昭和57年01月09日)
演出:こはなわためお  文芸:境のぶひろ  美術:西村邦子  作画:小堤一明
三重県 ) 15992hit
あらすじ

昔、三重の菰野の辺りにおかしな夫婦がいた。亭主は、一日中あやめの花ばかり眺めて、まるで女みたいな性格、一方の女房は力持ちで男勝りな性格だった。ある日、亭主はあまりにも女みたいだから、歌舞伎一座の女形になろうと、京の都へ旅立っていった。

さて、亭主が京に出てから数年経ち、またあやめ花が咲く季節になった。そんなある日、亭主の家に旅姿の美しい娘が訪ねて来た。娘は家に入ると、「こちらのご亭主に縁のある者です」と女房に挨拶した。

娘を亭主の愛人だと思った女房は、カンカンになって怒り、さんざん娘を引っ掻いて家から追い出してしまった。

 実はこの娘、女形に扮した亭主だったのだ。家から追い出された亭主は、女房までも自分の芸で騙す(だます)ことが出来たと、内心喜んでいた。亭主は村はずれで着替え、化粧を落とすと、あらためて我が家に戻った。

しかし 愛人を作った亭主を女房が許すはずもなく、亭主はまたも女房にさんざんひっぱたかれてしまう。「待て待て、あれはワシが化けておったのじゃよ。」と亭主は言うが、女房は「いくらなんでもあそこまで上手く化けられる訳がない!この大嘘つきめ!」と言って聞く耳をもたない。亭主はまたも家から叩き出されてしまった。

しかしいくら亭主の芸が上手くても、女房が亭主の顔を見忘れるものではない。実は女房、娘が亭主の変装であることを見抜いていたのだ。それでもわざと騙されたふりをして、亭主に自信を持たせようとしたのだ。

このことがあってから、亭主の芸には一層磨きがかかり、名も芳澤あやめと改め、押しも押されぬ立女形(たておやま)として一世を風靡(ふうび)したといことだ。

 (投稿者: マニアック 投稿日時 2011-10-22 20:32 )


参考URL(1)
http://blog.goo.ne.jp/y-terumi10032002/e/08541bf2e613a48022d6df1bd4c6c717
ナレーション市原悦子
出典三重県
場所について菰野町吉沢 (あやめ塚は源正寺の南にある)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.2000 8.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/23 23:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)