このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0505
つるのやしき
鶴の屋敷

放送回:0317-B  放送日:1981年11月28日(昭和56年11月28日)
演出:三善和彦  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:三善和彦
要調査 / 福岡県 ) 7493hit
あらすじ

昔、あるところにおじいさんとおばあさんが居た。おじいさんは、木で鳥を彫るのがとても上手だった。

ある日おじいさんは、木を切りに行った山の中で大変美しい鶴を見た。おじいさんはその姿を忘れられず、その晩から鶴を彫り始めた。夜も昼も忘れ幾日もかかって、とうとうおじいさんは大きく美しい真っ白な鶴を彫り上げた。それはおばあさんの目にも、まるで生きているかのように見えた。

おじいさんは鶴に乗ってみたくなった。「明日これに乗って飛んでみよう。」そう話すおじいさんに、突然鶴が「おじいさん、明日は風が吹くよ。」と言った。おばあさんはすっかり驚いてしまうが、おじいさんは気にもとめない様子だった。翌日、未だ前夜の鶴の言葉が気にかかるおばあさんをのこして、おじいさんは鶴に乗って大空に舞い上がった。

家や畑が、見る間に小さくなっていった。大空を思いのままに飛び回り、おじいさんはとてもいい気持ちだった。すると突然晴れていた空に真っ黒な雲が広がり、風が吹き始めた。鶴は飛び続けることができなくなり、おじいさんとともに森の松の木の上に落ちてしまった。

おじいさんは、家で待つおばあさんの元にはそれきり帰ってこなかった。今では、その松の木のある所を「鶴の屋敷」と呼んでいる。

(引用:狢工房サイト)


参考URL(1)
http://mujina.agz.jp/tsuru.html
ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
備考画像キャプチャは勝手に貉工房サイトより取ったもの。原作は九州太宰府に伝わる話で、またの名を「とおのこがの伝説」との事。(狢工房より)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/29 20:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)