このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0502
だいじゃのすむぬま
大蛇の棲む沼
高ヒット
放送回:0315-B  放送日:1981年11月14日(昭和56年11月14日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:前田康成
岩手県 ) 82214hit
あらすじ

昔、岩手の北上川の上流に光勝寺(こうしょうじ)というお寺があって、立派な和尚が住んでいました。中でも、母親と二人暮らしの幼い「おさと」は、とても和尚になついていました。

ある年の春、おさとと母親が裏山へワラビ採りに入った時の事。おさとは山の中で母親とはぐれてしまい、ひとり沼のほとりでしくしく泣いていました。すると、一人の若い男が声をかけてきて、「母親のところへ連れて行ってあげる」と、おさとの手を引いてくれました。

二人は仲よく野原を歩き、やがて母親の近くまでやって来ました。おもわず走り出そうとしたおさとに、若い男は「もう少しだけ、一緒にいてくれないか」と、悲しげな顔で引き止めました。

若い男が「なんて可愛いんだろう」と呟いた瞬間、おさとの悲鳴が響きました。おさとの悲鳴を聞いて駆け付けた母親の目の前には、大きな蛇が林の間を去っていく姿がありました。若い男は沼に住む大蛇の化身で、あまりの可愛さにおさとを飲み込んでしまったのです。

この話を聞いた和尚は、大いに悲しみ大いに怒りました。和尚は大蛇退治のため護摩壇 (ごまだん)を作り、断食して七日間の祈祷に入りました。和尚の激しい祈祷に大蛇は苦しみ、6日目の夜に再び若い男の姿になって、和尚のところへ命乞いに訪れました。

しかし和尚は「すぐに沼から立ち去れ」と大蛇を追い払い、護摩壇に向かって祈祷をつづけました。大蛇は苦しみながら、沼から抜け出て北上川へと逃げていきました。すっかり弱っていた大蛇はどんどん下流に流され、黒岩の里まで流されてきました。

大蛇は、やっぱり長年住み慣れた沼に帰りたいと思い、ヌッと首をもたげて振り返ったとたん、大蛇の体は固まりそのまま石になってしまいました。今でも北上川に、この石は残っているそうです。

(紅子 2012-9-26 0:53)


参考URL(1)
http://www.hunterslog.net/dragonology/ryujatan/hokkaidou_touhoku/kuroiwa/01.html
ナレーション市原悦子
出典岩手県
場所について光勝寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第3巻_妖怪がでるぞ~(発刊日:1994年7月25日)
講談社の300より書籍によると「岩手県のお話」
5.5517 5.55 (投票数 29) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/26 0:53 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

61 人のユーザが現在オンラインです。 (50 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)