このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0499
おおかげやまのうわばみ
大懸山のうわばみ

放送回:0313-B  放送日:1981年10月31日(昭和56年10月31日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:福井のり子  作画:山田みちしろ
広島県 ) 14605hit
猟師と大蛇の真剣勝負

昔、広島の大懸山に、野鹿を狙う五助という猟師と年老いたウワバミがいて、いつも同じ獲物を取り合っていました。今日もウワバミに野鹿を横取りされ、五助は「いつか勝負しないといけなくなるから覚悟しろ!」と言いました。

するとその夜、五助の小屋にウワバミの化身という一人の男が現れました。男は「本当に強い者は、勝負の前に自分の弱点を相手に知らせるという。それを伝えに来た」と言いました。五助は酒を酌み交わしながら「猟師の弱点は、火縄の火を消される事だ」と正直に話しました。そして五助とウワバミは、七日七晩たった日を勝負の時としました。

いよいよ勝負の日、五助の前に姿を現したウワバミは、予想通り雨や風で火縄の火を消そうと攻めてきました。銃を構える暇などなく嵐の中を必死に逃げ惑う五助は、どうにか桶の中に隠しておいた火縄をとりだし、岩の斜面の裂け目に身を潜めました。

裂け目の底で息を殺して待っていると、ウワバミがずるりずるりと岩の上を滑り降りてきました。ウワバミの弱点であるアゴの部分が五助の頭上を通過した瞬間、構えていた銃でアゴを撃ち抜きました。ウワバミはずるずるとがけ下に落ち、五助もウワバミの毒に当てられたのか、何日もの間寝込んでしまいました。

やがて元気になった五助は、がけ下に白骨化したウワバミの骨を拾い集め、黒焼きにしてたくさんの薬を作りました。この薬は痛み止めとしてよく効く薬として、里の人々にも分け与えたという事です。

(紅子 2012-1-27 0:03)


ナレーション常田富士男
出典広島県
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第39巻)
場所について大懸山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「広島県のお話」
8.2857 8.29 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/27 0:03 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)