このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0049
かしきちょうじゃ
かしき長者
高ヒット
放送回:0028-A  放送日:1976年04月17日(昭和51年04月17日)
演出:まるふしろう  文芸:沖島勲  美術:下道一範(サキスタジオ)  作画:高橋信也
愛知県 ) 50716hit
あらすじ

ある島に佐助という間の抜けた少年がいた。

佐助はまだ漁にでたことはなかったが、親方に頼み込んで食事の世話をする「かしき」として漁に連れて行って貰えることになった。かしきの仕事は大変で、他の漁師が寝静まったあとも佐助は一人で働いていた。佐助は決して食べ物を粗末にすることをせず、残った食べ物は「おいお、おあがり」と言って魚に食べさせていた。

それから何年もの月日が流れたが、佐助は相変わらず漁師としてでなく、かしきとして働いていた。ある日、また一人だけ夜遅くまで働いていると、波の音が消え、船の揺れも止まったので、不思議に思って甲板に出てみると、海の水がなくなって、見渡す限りの砂漠だった。砂漠は月の光に照らされてキラキラと輝いており、佐助は、この砂で鍋を研いたら綺麗になると思い、桶一杯に砂をつめて船に戻った。

翌日このことを人に話すが、誰も信じてくれず、昨日とってきた砂を見せようと船底に降りると、桶の中は砂金で一杯だった。親方は佐助の話を聞いて、これは神様が佐助に授けた物だから、みんな佐助のものだと言い、立派な長者となった。

その後も佐助は決して食べ物を粗末にすることはなかった。今でも、この島の人たちは、海に残り物を捨てるとき「おいお、おあがり。」と言う。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:38 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第2集(DVD第10巻)
VHS情報VHS-BOX第3集(VHS第28巻)
場所について知多郡南知多町日間賀島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第9巻-第044話(発刊日:1976年11月10日)/童音社BOX絵本_第36巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/二見書房まんが日本昔ばなし第8巻-第32話(発刊日:2006年3月20日)/講談社テレビ名作えほん第006巻(発刊日:1977年8月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「愛知県の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「愛知県の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「愛知地方の昔ばなし」
8.3077 8.31 (投票数 26) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)