このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0485
みそすりとぶし
味噌すりと武士
高ヒット
放送回:0304-B  放送日:1981年08月29日(昭和56年08月29日)
演出:堀口忠彦  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:堀口忠彦
奈良県 ) 20998hit
庄屋さんの知恵のおかげで、追分の町が戦火から逃れる。

ある夏の日、天誅組(てんちゅうぐみ)が、ここ追分(おいわけ)の町を通るという通報が入った。

なんでも勤皇方(きんのうがた)の天誅組は、大和に入るためこの追分の町を通るらしく、これを阻止するために幕府方の郡山藩(こおりやまはん)の武士たちが、町のいたる所に配置されていた。天誅組の壮士(そうし)たちの強さは追分の町にも聞こえていた。郡山藩の武士たちも気が立っていたが、お百姓さんたちも、家を焼かれたらどうしよう、ひどい戦にならなければよいが・・・などと気が気でならなかった。

そんな時、庄屋さんが人々を集めて、郡山藩のお侍さんのために味噌汁を作ってあげようと言い出した。お百姓さんの中には、「どうして戦をするお侍に、味噌汁を飲ませねばならないのだ?」と反対する者も多かったが、庄屋さんは人々に頭を下げ、どうにかみんなを説得した。こうして、庄屋さんのたっての願いということで人々も聞かない訳にはいかず、皆で味噌すりをすることになった。

ところが、あまりに朝早くからゴリゴリと味噌をすっては寝ているお侍さんを起こしてしまうので、明け六つの鐘を合図に味噌をするようにと、庄屋さんは皆に念を押した。

こうして追分の町では、どこの家でも味噌すりの準備をして、明け六つの鐘を待った。やがて東の空が明るみ、「ゴーン、ゴーン」と霊山寺(りょうせんじ)のお坊さんが明け六つの鐘をつき始めた。そして鐘をつき終わったのを合図に、皆で一斉に味噌すりを始めたのだ。

追分の家という家で、ゴリゴリ、ゴリゴリとすり鉢で味噌をすったので、その音は地響きのような音を立てた。これにびっくりしたのは郡山藩のお侍たち。「な、なんじゃ、これは? 天誅組じゃ!! 天誅組がきたぞー!!」お侍さんたちは震え上がり、クモの子を散らすように逃げていってしまった。

これを見て庄屋さんは、外に出て皆に呼びかけた。「これ皆の衆、出てきなされ。もう戦はありませんぞ。」こうして、庄屋さんの知恵のおかげで追分の町で戦はなかったそうな。

 

(投稿者: やっさん 投稿日時 1-7-2012 11:22)


ナレーション市原悦子
出典奈良県
DVD情報DVD-BOX第5集(DVD第24巻)
場所について奈良市大和田町の追分(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「奈良県のお話」
4.8000 4.80 (投票数 20) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/7 11:22 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)