このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0480
たすけとおばけ
太助とお化け

放送回:0301-A  放送日:1981年08月08日(昭和56年08月08日)
演出:なべしまよしつぐ  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:なべしまよしつぐ
山形県 ) 13188hit
あらすじ

昔あるところに、秋になると化け物が現れるという古ぼけたお寺がありました。困っている村人たちを見かねて、富山からやってきた薬売りの太助が化け物退治をすることになりました。

夜、物音一つしない古寺に待機していた太助の目の前に、白いふわふわとした一つ目の大きな化け物が現れました。冷や汗を流しながら必死に怖くないフリをしていた太助に、化け物は「お前の怖いものは何か?」と訊ねました。太助が「銭が怖い」と返答すると、化け物は「お化けのオラもナス汁が怖い」と言いました。

次の晩、太助は大きな鍋で大量のナス汁を作りながら、お化けが現れるのを待ちました。そこへ現れたお化けは、大きな袋から小判を取り出し、逃げ回る太助に投げつけました。次に反撃に出た太助が、お化けにナス汁をふりかけると、悲鳴をあげながら庭中を逃げ回りました。大きな木の所までお化けを追い詰め、鍋ごとナス汁をふりかけると、なんとお化けは大きなキノコに小判は小さなキノコに変わってしまいました。

こうしてお化けを退治した太助は、村人たちから感謝され、薬もずいぶんと買ってもらいました。この事から、茸汁に茄子も入れると、中毒にならないといわれるようになりました。

(紅子 2011-10-23 19:09)


ナレーション常田富士男
出典山形県
DVD情報DVD-BOX第8集(DVD第40巻)
場所について瑞岩寺(山形県東置賜郡高畠町屋代)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第31巻よりぬき名作集-第152話(発刊日:1983年5月)/講談社テレビ名作えほん第049巻(発刊日:1981年6月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
講談社の300より書籍によると「山形県のお話」
9.0000 9.00 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/23 19:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (28 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)