このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0472
こぞうにまけたおしょうさん
小僧に負けた和尚さん

放送回:0296-A  放送日:1981年07月04日(昭和56年07月04日)
演出:吉田利喜  文芸:久貴千賀子  美術:門屋達郎  作画:吉田利喜
滋賀県 ) 14452hit
あらすじ

昔、ある山寺に素直で正直な小僧さんが和尚さんと二人でいました。

この頃のお坊さんは、魚を食べてはいけない事になっていましたが、この山寺の和尚さんは鮎が大好物でした。いつも小僧さんに見つからないようにこっそり鮎を食べていましたが、とうとう見つかってしまい思わず「これはおかみすり(剃刀)だ」とごまかしました。

翌日、小僧さんと一緒に馬に乗って出かけた和尚さんは、何事が起こっても黙って後ろからついてこいと命じました。小僧さんは言われた通り、川を渡るときに馬から落ちたタバコ入れを、何も言わずに見送りました。後からタバコ入れがないことに気が付いた和尚さんは、「これからは馬から落ちた物は何でも拾え」と命じました。

やがて、前を歩いていた馬の尻から、糞がポタポタと落ち始めました。これを見ていた小僧さんは、和尚さんの大切な傘で馬糞を受け止め、必死に後をついて歩いていました。振り向いた和尚さんはビックリして「すぐに川に捨ててこい」と怒鳴りつけました。

小僧さんはどうして和尚さんの言う通りにしているのに怒られるのか理由もわからず、川に行って傘を洗っていました。すると、傘の中にたくさんの鮎が入ってきて、それを見ていた和尚さんは喜びましたが、小僧さんはポイっと傘も鮎もみんな川に捨ててしまいました。

(紅子 2012-2-27 21:42)


ナレーション常田富士男
出典滋賀県大津市
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第57巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第110巻(発刊日:1980年かも)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第38巻(絵本発刊日:1985年09月15日)/講談社テレビ名作えほん第052巻(発刊日:1983年11月)
絵本の解説和尚さんと真っ正直な小僧さんのお話です。和尚さんが小僧さんを従えて出かけたときのこと。和尚さんの好物のあゆが、川にたくさんいるのを見かけた小僧さんが、大声で和尚さんに知らせます。あわてた和尚さんは、何があっても見て見ぬふりをして歩けとしかりつけました。そこで、素直な小僧さんはいわれた通りにし、ついには和尚さんの大事な傘もあゆも川に流してしまったのです。自分の命令を忠実に守っているだけに、和尚さんは腹が立っても怒るに怒れません。権威ある者に対して、相手にさからわずにぎゃふんと言わせたいという庶民の気持ちが、“融通のきかない正直さ”の中によく出ています。(滋賀地方の昔ばなし)(講談社のデラックス版絵本より)
講談社の300より書籍によると「滋賀県のお話」
6.0000 6.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/27 21:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

60 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)