このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0470
きつねとたにし
狐とタニシ

放送回:0295-A  放送日:1981年06月27日(昭和56年06月27日)
演出:殿河内勝  文芸:沖島勲  美術:久保陽彦  作画:殿河内勝
岩手県 ) 14701hit
あらすじ

昔ある所に、足の速いのが自慢のキツネがいました。いつも「ちょっと都まで往復してきた」と言っては、足の遅いタニシをバカにしていました。

そこでタニシは「そんなに足が速いのなら、都まで競争しませんか?」と、キツネに話を持ちかけました。キツネは「タニシと競争なんて馬鹿らしい」と、相手にもしませんでしたが、しつこく誘うタニシにちょっと腹を立てて、とうとう都まで競争することになりました。

よーい、どん。で出発したものの、タニシはずっと後方にいるのか全く姿も見えません。キツネは「行ったこともない遠い都まで競争なんて、、、」と、何だかばからしくなり道の途中で一休みしていると、すぐそばでタニシの声がしました。「もう疲れたのかい?先に行くよ」

おどろいたキツネは夢中で走り出し、どうにか「都」への道しるべまでやって来きました。もうへとへとで倒れ込んでしまったキツネでしたが、その目の前にある大きな鳥居の上から、タニシが声をかけました。「今着いたのかい?わしはとっくに着いていたよ」

実は、タニシはキツネのしっぽにつかまっていたのです。キツネはそれに気が付かず、狐につままれたような顔をしていましたとさ。

(紅子 2012-3-5 23:52)


ナレーション常田富士男
出典岩手県北上市
DVD情報DVD-BOX第5集(DVD第23巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第057巻(発刊日:1986年7月)
講談社の300より書籍によると「岩手県のお話」
7.7500 7.75 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/5 23:52 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)