このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0466
てんぐすぎ
天狗杉
高ヒット
放送回:0292-A  放送日:1981年06月06日(昭和56年06月06日)
演出:大竹伸一  文芸:沖島勲  美術:高松良己  作画:大竹伸一
奈良県 ) 22303hit
あらすじ

昔、奈良の山奥に大層古い寺があった。寺の周りの沢山の杉の木には、たちの悪い天狗たちが住んでいて、夜な夜な回廊の燈篭を壊したり、回廊を油まみれにしていた。

ある日のこと、芙岳(ふがく)という小僧が「寺の杉を全部伐り倒せば、天狗たちの住む場所はなくなるだけでなく、寺の修理の木材も手に入るでしょう」と提案したが、和尚からは「勉強もろくにしないで、なんてことを言うんじゃ。」と怒られてしまった。

元々、勉強嫌いの芙岳だったが、天狗たちの冷やかしや仲間たちの誘いにも耳を貸さず、来る日も来る日も一心不乱に勉強した。長い年月が流れ、六十六歳になった芙岳は本当に大僧正になった。

芙岳は、全国から木こりたちを集めて、寺の増築の為、杉の伐採を命じた。天狗たちは芙岳が実行に移したものだから、大慌てするばかりだった。天狗たちは彼の許に来て、悪戯のことを詫び、伐採をやめてほしいと哀願したが、芙岳は聞き入れなかった。

杉の木は次々と伐られていき、沢山あった杉の木は残すところ一本となった。逃げ場を失った天狗たちはただ泣くばかりだった。木こりが最後の杉の木を伐ろうとした時、芙岳が止めた。

芙岳は「考えて見れば天狗たちのおかげで勉強が好きになったのだ。いわばわしの恩人だ。一本くらい残してもいいだろう」と言った。この時の杉の木は、天狗杉と呼ばれるようになった。寺の増築が終わってからは、天狗たちは芙岳の許を訪れては学問を教わった。

人間、何がきっかけでやる気を起こすかもしれない、ということだ。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-10-22 23:36)


参考URL(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/abusanno12/14184220.html
参考URL(2)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~t-ue/hasedera-tengusugi.html
ナレーション常田富士男
出典奈良県桜井市
DVD情報DVD-BOX第10集(DVD第46巻)
場所について奈良県桜井市初瀬731-1 長谷寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第065巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第070巻(発刊日:1987年2月)
講談社の300より書籍によると「奈良県のお話」
7.6667 7.67 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/23 1:41 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)