このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0462
よめたのはなし
嫁田の話
高ヒット
放送回:0289-B  放送日:1981年05月16日(昭和56年05月16日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:門野真理子  作画:芝山努
神奈川県 ) 21819hit
あらすじ

昔、箱根山のふもとの小さな村に、おばあさんと弥助という若者がいた。この弥助の家に、隣村から働き者で器量良しのシノという嫁さんがやってきた。年をとって働けないおばあさんは、シノにいろいろと注文をつけるのだったが、シノは愚痴一つこぼさなかった。

ところが、もうすぐ田植えが始まるという時に、弥助が急に病気になった。シノは一人で五反もの田植えをしないといけなかったが、四日間一生懸命に頑張ってもまだまだ二反も残っていた。苗がダメになると心配したおばあさんは、「明日中にどうしても残りの二反を終わらせるように」と、シノに強く言い聞かせた。

五日目、シノは夜もまだ明けないうちに起き出し死に物狂いで田植えをしたが、あと半反という頃になって日が沈み始めた。シノは太陽に向かって「田植えが終わるまで日が沈むのを待って下せぇ、わしの命にかえて」と訴えた。するとシノの願いが通じたのか、太陽はじりじりと逆戻りし始めた。

シノは夢中になって田植えを続け、ついに一日で二反の田んぼに苗を植え終わった。太陽にニッコリ笑いかけたシノは、日が西の山に沈んだ後に、バッタリと倒れそのまま死んでしまった。のちにシノをかわいそうに思った人々は、この田んぼの事を「嫁田」というようになった。

(紅子 2011-11-16 0:48)


ナレーション市原悦子
出典神奈川県小田原市
場所について神奈川県小田原市(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「神奈川県のお話」
8.3333 8.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/16 0:48 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)