このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0459
ようらくつつじ
瓔珞つつじ

放送回:0287-B  放送日:1981年05月02日(昭和56年05月02日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:なかちか東  作画:小林治
山梨県 ) 14200hit
あらすじ

昔、富士の裾野に松五郎という炭焼きが住んでいた。松五郎は力も強く、心優しかったが嫁がいなかった。

松五郎が炭を焼いたかまどからは、白い煙が立ちのぼって、風のない日には遠い都からも見えた。都の皇女さまは、その煙を見て不思議に思い占い師に尋ねた。占い師は「あの煙は、皇女さまの婿となる方が、かまどから出している。きっと東国一の大金持ちでしょう」と言った。

皇女さまは、その煙へ向かって何日も歩き続けた。明日には着くという所で煙は消えてしまった。ちょうどその時、松五郎は用事ができて故郷の「明日見」に帰っていた。皇女さまと付き人が、松五郎の小屋にたどり着いた時には、誰もいなかった。

出会った人に松五郎の行方を尋ねると「明日見にござっしゃる」と、言ったので富士の裾野で野宿して帰りを待つ事にした。次の日、小屋に行ったが誰もおらず昨日の人に聞いたら、また昨日と同じ事を言ってきた。二人は、明日見にを明日見に来いというのと間違えていた。

次の日に、二人はやっと会えた。付き人は、会えたお礼に小判を渡したが、松五郎はその小判を鴨を仕留めるのに使ってしまった。皇女さまはそんな松五郎が気に入り、とうとう結ばれることになった。式の時に皇女さまが被った冠は、瓔珞の冠といって、美しい飾りが垂れ下がったものだった。

その後、松五郎は名高い炭焼き長者となって、何年も不自由なく暮らした。しかし、ある日皇女さまが重い病にかかり、日に日に病はひどくなっていった。皇女さまは「私が死んだら、あの瓔珞の冠を峠に埋めてください」と言って、その七日後に無くなってしまった。松五郎は、遺言どおり瓔珞の冠を峠に埋めた。

そこは皇女さまが松五郎に会う数日前、都に向かってお別れを告げた場所だった。それからの松五郎はぼんやりと山を眺めて暮らす日が多かった。春が来て峠に登ってみると、そこには瓔珞に似て美しいつつじが垂れ下がっていた。そこで松五郎は、皇女さまの後を追うように死んでいたのだった。

松五郎が最後に見た景色は、皇女さまが都に向いお別れを告げた時と同じだった。それからは村人がそのつつじの事を、瓔珞つつじと言うようになったのだった。

(投稿者: KK 投稿日時 2012-10-14 15:05 )


参考URL(1)
http://fujinomiya.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E7%93%94%E7%8F%9E%EF%BC%88%E3%82%88%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%8F%EF%BC%89%E3%81%A4%E3%81%A4%E3%81%98%E4%BC%9D%E8%AA%AC
ナレーション常田富士男
出典山梨県
場所について富士宮市の天子ヶ岳
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第094巻(発刊日:1980年かも)
講談社の300より書籍によると「山梨県のお話」
10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/15 3:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)