このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0455
しょうじきしょうさくのむこいり
正直庄作の婿入り
高ヒット
放送回:0285-A  放送日:1981年04月18日(昭和56年04月18日)
演出:高橋良輔  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:金海由美子
山口県 ) 36299hit
あらすじ

昔、あるところに、村人たち全員が美しい顔立ちという不思議な村があった。しかしこの村にも、たった一人だけ「庄作」という不細工な男がいた。

庄作は顔立ちは悪かったが、根っからの正直者で働き者だった。村人達は、不細工でバカ正直な庄作を見下し、庄作に難癖を言いタダ働きをさせたり魚を横取りしたりした。だが庄作は嫌な顔せず、いつもニコニコと暮らしていた。

そんな庄作も、胸が痛くなるほど寂しくなる事があった。一人ぼっちの自分の所に、嫁が来てくれればどんなに良いか・・・と思った庄作は、村のお地蔵さんにお願いした。

すると、突然、お地蔵さんの背後から狐が現れた。狐が手に持った桜の枝を振ると、あっという間にその場が庄作の結婚式の会場となった。驚く庄作の横には、大切に思ってくれるキレイな嫁さんが座っていた。突然の事に驚きながらも、庄作は産まれて初めてとても温かい気持ちに包まれた。

翌朝、村人達はお地蔵さんの横で笑顔で眠る庄作を見つけた。村人達は、きっと狐に騙されているのだろうと、ますます庄作を馬鹿にするようになった。だが庄作は、これまで以上にニコニコと、ますます一生懸命に働き通したという。

(紅子 2011-8-13 21:22)


ナレーション市原悦子
出典山口県岩国市
DVD情報DVD-BOX第3集(DVD第13巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第073巻(発刊日:1987年3月)
講談社の300より書籍によると「山口県のお話」
6.2500 6.25 (投票数 16) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/13 21:22 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)