このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0448
ふきひめものがたり
ふき姫物語

放送回:0280-B  放送日:1981年03月14日(昭和56年03月14日)
演出:馬郡美保子  文芸:漉田實  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
秋田県 ) 14178hit
あらすじ

昔、山の奥の家に「ふき」という美しい娘とその父親が住んでおった。

ふきは山の中で熊に襲われて床にふせっておった父親の為、森の奥にあるというどんな病でも治すという伝説の泉の水をくんで来ようと考えた。

しかしこの泉には泉の精がおり、その精のとりこになってしまったら二度と帰れなくなるという話もあった。まだ恋というものをしらなかったふきは、水がめを持って泉の水をくみにいった。

泉は森の奥にあり、澄み切った水が鏡のように光っていた。しばらく見とれていたふきの目の前に、泉の精が現れ「ずっとここにいてくれ」といった。ふきは悩んだが、泉の精に手を差し伸べられるとまるで取りつかれたように「ずっとここにいる」と誓った。

やがて何年か過ぎ、ふきの父親がこの泉のそばを通りかかった時、ふきが持ってきていた水がめを見つけた。そのそばには黄色の可愛らしい花が咲いていた。

それからその花は「ふきのとう」と言われるようになり、それからもふきの姿を見た者はおらんそうな。

(投稿者: たまきち 投稿日時 2013-3-31 22:32 )


ナレーション市原悦子
出典松谷みよ子(未来社刊)より
出典詳細秋田の民話(日本の民話10),瀬川拓男、松谷みよ子,未来社,1958年07月30日,原題「ふき姫物語」,採録地「秋田市」,話者「伊藤義男」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.5000 7.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/4/1 0:29 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

87 人のユーザが現在オンラインです。 (68 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)