このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0431
にわとりのおつげ
にわとりのお告げ

放送回:正月特番  放送日:1981年01月02日(昭和56年01月02日)
演出:前田康成  文芸:沖島勲  美術:久保陽彦  作画:前田康成
山口県 ) 16353hit
あらすじ

昔、庭の鳥小屋でたくさんの鶏とひよこを飼っている、貞蔵(さだぞう)さんという人がいた。

みんなが寝静まったある夜、一羽の鶏が突然けたたましく鳴き出した。驚いて起きた貞蔵さんは、真っ青になった。というのも、このあたりでは、夜、時ならぬ時刻に鶏が鳴くと、良くないことが起こると信じられていたからだ。そして、夜鳴きした鶏は川へ流してしまうというならわしがあった。

「可哀そうに、何も悪さはしていないのに・・・」貞蔵さんは仕方なく、鶏を藁袋につめ、顔だけ出して、川へと流すと、後も見ないで走って家へと戻った。流された鶏は、牛野谷の水越しに引っかかってしまい、そのまませき止められ、一夜を明かした。

ところで、その牛野谷の水越しから少し離れたところに、虎吉(とらきち)さんという人が住んでいた。虎吉さんは不思議な夢をみていた。トントントン・・・。誰かが戸を叩くので出てみると、一羽の鶏がそこにいて、虎吉さんにこんなことを言った。「私は土手町に住む貞蔵さんの手飼いの鶏じゃ。主人の家では、先祖の位牌が一枚鶏小屋の上に転がっている。このままではばちが当たって、家は滅びてしまう。どうか私を連れて行って、主人にそう伝えてくださいませえ。私は今、牛野谷の水越しに引っかかっていて、どうすることもできません。どうか手を貸して下さい。」そういうと、鶏は空高く飛んで行った。

「に、にわとりがしゃべった~!」虎吉さんは飛び起きた。「不思議な夢をみたもんじゃなあ」さっそく虎吉さんが牛野谷の水越しに行ってみると、本当に藁袋から顔を出した鶏が引っかかっていた。虎吉さんは鶏を助け、貞蔵さんの家を訪ね、昨夜の夢の話をした。

貞蔵さんが鶏小屋の上を調べると、不思議なことに、ご先祖の位牌が一枚、ほこりまみれで転がっていたのだ。「なんと不思議なことよのぅ」貞蔵さんの家では、先祖の位牌を集めて、お盆や正月におまつりしていたのだが、その中の一枚を、ネズミが鶏小屋の上へ運んだのだろう。「これで家が滅びずに済みましたよ」貞蔵さんは虎吉さんに沢山のお礼をした。それからは貞蔵さんの家では、お告げをしたあの鶏をとても大事にしたそうだ。

(投稿者: 十畳 投稿日時 2011-8-4 8:28 )


ナレーション常田富士男
出典山口県岩国市
DVD情報DVD-BOX第5集(DVD第22巻)
場所について鶏が引っかかったかもしれない「牛野谷」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第082巻(発刊日:1987年8月)
講談社の300より書籍によると「山口県のお話」
8.8333 8.83 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/5 1:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)