このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0405
ひゃくでんばなし
百田ばなし

放送回:0254-A  放送日:1980年09月13日(昭和55年09月13日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:土橋博
長野県 ) 9965hit
あらすじ

深い深い山との間に、小さな村があった。この村では三日月を見る事さえできないくらい、信州の山深いところにあった。

この村に、種作じいさんと息子夫婦が住んでいた。種作じいさんは、自分で切り開いた田んぼが100枚(100個)ある事が自慢だったが、この小さな村から出た事がないのが心残りだった。

月日がたち、歳をとった種作じいさんは、田んぼで働くこともできなくなった。死ぬ前に一度でいいから山の向こうが見てみたいと願っていた。

それを聞いた息子は、じいさんを背中に担いで山の頂上に登った。山の頂上から広い広い土地(田畑)を見たじいさんは「日本は広いなあ」と驚いた。

それを聞いた息子は「いやいや、日本はもっと広いよ。この3倍だよ」と答え、二人は嬉しそうに笑いました。

(紅子 2011-6-21 1:17


ナレーション市原悦子
出典松谷みよ子(未来社刊)より
出典詳細信濃の民話(日本の民話01),信濃の民話編集委員会,未来社,1957年06月30日,原題「百田ばなし」,採録地「下伊那郡」,採集「牧内武司」,再話「松谷みよ子」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.8333 6.83 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/6/21 1:17 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

47 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)