このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0397
もうじゃのとおるみち
亡者の通る道
高ヒット
放送回:0248-B  放送日:1980年08月02日(昭和55年08月02日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:石川山子  作画:小林治
岐阜県 ) 22171hit
あらすじ

昔、飛騨の山奥での話。

冬の間近い秋の終わり、ある男が山道で倒れていた。そこへ近所の百姓の金衛門が通りかかった。その男は何人もの人を殺した大罪人で、江戸から上州、信州と逃げ回ってきたがここで力つきてしまったのだと言う。

金衛門が、大罪人に水を飲ませてやると、大罪人は礼を言って息絶えた。金衛門は大罪人の男を土に埋め、ねんごろに葬ってやった。

この年は夏からの飢饉で百姓一揆が相次ぎ、その首謀者と家族達はどこまでも追い詰められ殺されていった。

次の年の初夏のある夜。金衛門の家の前を、大勢の足音や荷車の音がした。不思議に思った金衛門が外へ出てみると、家の前の橋のたもとに人魂がゆらめいていた。

物音は、次の夜もまた次の夜も続いた。金衛門の家では水瓶の水が吹き出したり、米俵がひっくり返されたり、子供が宙に浮いたりという怪現象が起きるようになった。そのため妻は寝込んでしまった。

金衛門が気味の悪い怪現象に困りはて、半狂乱になっていると、家の外から「金衛門さん…」と呼ぶ声がした。そこにはいつか水を飲ませてやった大罪人の幽霊が立っていた。大罪人の幽霊は「なるべく早く他へ移りなせえ、ここは亡者の通る道じゃから…」と、言い残し去って行った。

金衛門が目をこらして見ると、家の中にたくさんの幽霊が行き交い、外の橋には無数の幽霊が列をなして渡っていくのが見えた。金衛門の家が、ちょうど地獄へ向かう亡者の魂が通る道の上に建っていたのだ。

この事実を知った金衛門は、家を橋から離れた所へ移した。そして橋のたもとに経塚をたて、亡者の霊をねんごろに弔ってやった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典清水真弓(角川書店刊)より
出典詳細妖怪と人間(日本の民話07),辺見じゅん=清水真弓,角川書店,1973年4年20日,原題「飛騨の金右衛門」,伝承地「岐阜県」
リメイク情報飛騨国
場所について亡者が向かった地獄谷(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.6923 8.69 (投票数 13) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)